> 1月のカードローン事情とは

1月のカードローン事情とは

1月は、新年の始まりということもありお正月関係の出費がかさみやすいうえ、
お年玉による支出も多いです。さらに、時期的にも寒さが強くなっており、
暖房や防寒具などの出費がかさみがちです。

また、あちこちで福袋の販売や冬物のバーゲンを行っているため
財布の紐がゆるみやすく、休みの気分も手伝ってレジャーなどでも
出費が生じやすくなっています。

そのため、1月は普段気をつけている人でも気がつけばかなり散在
していることが多くなっており、給料日までに手持ちの現金が
底をつくことも珍しくありません。

出費が多い1月はカードローンで乗り切る

このような1月の家計状況では、新年早々苦しい生活になってしまいますので、
どうしても現金が足りないときにはカードローンを利用して
毎月の負担を軽減させると良いでしょう。
1月にかかる支出というのは、基本的にその月だけの独特の支出ばかりですので、
1月の不足分をカードローンで借り入れて、それを数ヶ月で返済するようにすると
無事に切り抜けることができます。

使い道が自由で融資スピードが早いカードローン

カードローンは、使い道が自由で融資スピードも早く、
申し込み受付も24時間いつでも行っています。
審査は営業日しか行いませんが、正月休みなどに現金が不足してきたと感じたら、
事前にインターネットなどで申込んでおくと、次の営業日にはすぐに
審査や融資の手続きを行ってくれますので安心です。

10万円くらいの借入であれば月々の返済額は数千円

1月のみの特別な消費は高額な買物などをしなければ、大体10万円前後で収まります。
この金額をローンで借り入れると、毎月の約定返済額は、
業者にもよりますが数千円程度というところがほとんどです。

そのため、何ヶ月かかけて約定通りの金額を返していく方法もありますし、
1万円単位のまとめ払いを数回繰り返して、
できるだけすぐに完済するという方法もあります。

トータルの利息支払額が安くなるのはまとめて繰り上げ返済する方法ですが、
毎月の負担が大きければ生活に支障が出るという場合には、
約定返済額のみを返していっても良いでしょう。