> 総量規制と各種ローンについて

総量規制と各種ローンについて

消費者金融や信販系会社のローンに関しては、現在総量規制という縛りがついています。 これは、利用者の年収の3分の一までしか借り入れができなくなるという制度で、 一社ごとではなく、借入額の合計に対してとなっています。

つまり、複数の業者から借り入れをしている場合、
合計の借り入れが年収の3分の一以上になると、
それ以上の借り入れはどの金融業者からもできないということになります。
この規制ができるより以前に、既にこの限度以上の借り入れをしている場合には
そのままになりますが、新たな借り入れはできないことになります。

銀行カードローンは総量規制の対象外

ただし、銀行はこの規制の例外となっていますので、
カードローンなどの申し込みをしても大丈夫です。
法律上は規制の対象外ですが、銀行も消費者金融等も借り入れに関するデータを共有しており、
借り入れの申し込みがあったときに必ずその人に関する信用情報を
チェックしていますので、総量規制の額を超える借り入れをしている人の場合、
審査の段階で融資を拒否される可能性はあります。

この規制は、キャッシングなどにいわゆる無担保の小口融資に対するもので、
消費者金融等が提供している不動産担保ローンやおまとめローンなど、
一部の融資については年収に関係なく利用できるようになっています。
したがって、複数の借り入れを一つにまとめたいときなど、
多重債務を改善させたい場合には、年収に関係なくおまとめローンなどを申込んで、
借金を整理することが可能です。