銀行カードローン利用に際しての心構え

これから銀行カードローンを利用するという場合に、
どういった心構えが必要なのか?
考えてみたいと思います。

銀行カードローンは当然ながら、
銀行が行っている融資サービス
です。
預金口座を持っている銀行のカードローンを利用する場合であれば、
わざわざ新規で口座を開く必要もありませんが、
そうでない場合であれば、利用するカードローンの
銀行口座を作っておいたほうがなにかと便利ですしお得です。

というか、商品によっては口座開設そのものが、
カードローン利用条件に含まれている場合もあります。
その口座から引き落としで返済したほうが、手間も手数料もかからずお得で便利ですよね。

銀行の預金口座を持っていないという人が、
どのくらいいるのかわかりませんが、大抵の場合が持っていると思います。
銀行カードローンを考えた時に、まず最初に口座を持っている銀行カードローンを
検討するのが一般的だとは思いますが、審査に通るかなどの条件や、金利面も含めて考えると、
それ以外の銀行ということになってしまうということも十分考えられます。
そういった場合でも、そのカードローンの銀行口座を作ってしまったほうが、
なにかとよいのではないかと思います。

銀行系消費者金融の場合

このサイトでは銀行のカードローンについてあれこれ書いているわけですが、
銀行系消費者金融での借り入れの場合は、
いわゆる純粋な銀行のカードローンでの借り入れの場合とは、
総量規制などの点で条件が変ってくる場合があります。

総量規制については年収の3分の1以上でも借りられるのページでも触れましたが、
銀行のカードローンでは総量規制の対象外となります。
しかし、いわゆる銀行系消費者金融では一部で総量規制の対象となっている場合もあり、
業者によってさまざまなので、一概にこうだといえないのが正直なところです。
テレビコマーシャルなどで、●●銀行のカードローンと謳っている場合でも、
実際のところは、消費者金融と銀行が提携関係にある、
銀行系消費者金融であるという場合もあります。
つまり、線引きが非常にあいまいでわかりにくいというわけです。

総量規制の対象となっているかどうかは、ご利用の前に銀行もしくは業者に、
きちんと確認を行った上で利用することが大切です。

計画的な利用を

銀行カードローンに限っての話ではなく、お金を借りるすべての場合にあてはまる、
あたりまえの話ですが、無理なく返済できる範囲での、
計画的な利用を心がけることが大切です。

例えば、おまとめや借り換えなどを主な目的として銀行カードローンを利用した場合など、
おまとめ、借り換え分の融資に関してはある程度計画をもって利用することになるかと思います。
しかし、それ以外の目的の借り入れもできてしまうのが銀行カードローンなのです。
使途が限定されていない融資という意味では、
消費者金融のキャッシングサービスとなんら変わりはありません。
銀行からの借り入れだから大丈夫。とついつい考えてしまいがちですが、
軽い気持ちで借り入れを繰り返していると、あっという間に限度額まで達してしまい、
おまとめ、借り換え目的だったはずが、さらに借り入れが増えてしまった。
などということになりかねません。

そういった意味でも、もう一度気を引き締めて、
計画的な利用を心がけるようにしましょう。